TOP CONCEPT INFO SHOP PARTS MANUAL BLOG ORDER COMPANY LINK
TOP
CONCEPT
INFOMATION
SHOP
PARTS
MANUAL
BLOG
ORDER
COMPANY
LINK
MANUAL
MOTOR ベアリング システムボード セッティング
スタンド
角度調整ツール
工具スタンド デフプレート研磨
ツールセット
アクリルリペア グリップ剤 オリジナルスッテカー
byC9000


MOTOR
【使用上の注意事項】
使用の際、軸受けには微量のOILを注すようにして下さい。
長時間の連続使用は、しないで下さい。
コンデンサーは、出来るだけ曲げないで下さい。
分解は、しないで下さい。
商品は、ならし済みの為ブラシなどの表面が酸化している可能性があります。
パッケージの測定内容は、測定機材により異なる場合があります。
ORIGINAL MOTORシリーズは、FET交換基盤(4562/SP8M4)にて使用下さい。(V/VUは除く)

【モーターの取り扱いのポイント】
1.使用前後に低電圧(1.2V程)で、約20分ならして頂ければ最高です。
(なかなか出来ないと思いますが、たまにはやってあげて下さい)
2.軸受けには、OILを微量注してください。
(軸受けは、かなり高温になりますので必づ注してあげて下さい)
『備考』
ならしをされる前には、エアーにてホコリ等を飛ばしてからおこなって下さい。
ならしの際の回転方向は、正回転でお願いします。
パーツクリーナーでの洗浄は控えて下さい。(おこなう場合には、タミヤ製RCクリーナースプレーをお勧めいたします)


ベアリング
【お手入れの仕方】
ベアリング・ジグ・ホイール・OIL・パーツクリーナーを用意して下さい。
準備が出来ましたら、下記作業工程の順に行ってみて下さい。

【ポイント】
ベアリングを付けるホイールはアルミをお勧めいたします。
4.は、ゴロゴロ感や音が静かになればOKです。
(何度行ってもダメな場合は、交換をお勧めいたします。)
5.OILですが、注さずにドライでの使用も可能ですが使用期間は短くなります。
1. 準備します 2. ホイールにベアリングを付けます 3. ホイールを回します
4. 回しながら、パーツクリーナにて
洗浄していきます。
スムーズになるまで行います。
5. 最後にOIL注して完了です。
LH-33ベアリングOILをお勧めいたします。


LH-17・17U ミニッツレーサービスセット
【商品説明】




LH-21 システムボード
【商品説明】
システムボードは、ピットスペースの狭い所でもスペースを効率良く使用することが可能です。
マシンを固定すればオフセットの確認・Tバーのズレも確認する事が出来ます。
FL/FR等記載してありますので、外したタイヤが、左右判らなくならないよう置いておく事が可能です。
別売のセッティングスタンド装着すれば、セッティングの際には効率良く作業が出来ます。
ビスの固定位置を変える事で、MR-02/015/03と使用可能となっております。


【色いれ方法】
最初は、ボード本体にメモリ等は彫ってあるのですが、色が入っておりませんのでお好きな色を入れて下さい。
お好きなカラーを用意して頂き(水性塗料が望ましい)メモリの上を軽くなぞって頂き、乾いたらアルコール等で
ふき取って頂ければ完成です。

詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。
1.最初の状態です。
2.お好きなカラーと筆を用意いたします。(水性塗料をお勧めいたします)
3.メモリの上を塗って下さい。
4.塗料が乾きましたら、アルコールをティッシュ等に含ませ拭き取ってください。
5.同じ手順ですべての部分を行ってください。
6.完成です。
使用例
ビス・ナットが各4個付属しておりますので使用車種に応じて固定してください。
MR-015
画像の一番右側の穴をお使い下さい。
MR-02
画像の両サイドの穴をお使い下さい。
MR-03
画像の中央と右側の穴をお使い下さい。

LH-23セッティングスタンドとLH-27工具スタンドの装着例です。
単四電池が4本収まるようになっております。 電池・モーター・ビス類と別々に置く事が可能です。 こちら側には、電池・ドライバー・パーツなどが収まります。
付属のビスによりガッチリと固定されます。 オフセットの確認が出来ます。 オフセットの確認と左右のズレを同時に確認する事が出来ます。
作業の際は、セッティングスタンドの上に置いて頂ければ作業も捗るのでは・・・ 外したタイヤを指定の位置に入れておけば、装着時に間違える事もなくなります。 こんな感じで、狭いスペースでもすっきりとしたピットが出来上がります。コレで作業効率倍増です。


LH-23 セッティングスタンド
【商品説明】
セッティングスタンドは、マシン台とリアサスプレート調整ジグが一体になった商品です。
通常は、マシンを置く台としてお使い下さい。
四辺は、LHマークを正面として
上側:MM/LM(98mm)
下側:MM/LM(102mm)
右側:RM-M(90mm)
左側:RM-L(94mm)
となっております。


詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。

1. 準備します 2. リアサスプレートの4本のネジを
少し緩めます
3. セッティングスタンドを垂直に
はめます
4. まず片方の2本のネジを締めます 5.セッティングスタンドを反対向きにさし、
残りの2本のネジを締めます
6. 完成
通常は台としてお使い下さい


【LH-23RMの使い方】
ノーマルのモーターマウントでもキッチリはまるようになりました。
アルミモーターマウントの際は、逆向きでお使い下さい。
セッティングスタンドを装着したままネジを締めれるようになりました。


LH-24 角度調整ツール
【商品説明】
角度調整ツールは、走行では判りにくい左右の切角をを調整したり、
目では判りにくいキャンバー角を確認する事が出来る商品です。


詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。

ステアリングの調整方法
1.LH-24角度調整ツールとマシンを準備してください。
2.フロントタイヤを外します。
3.画像のようにはめてください。
4.電源を入れます。
5.片側へMAX切ります。
調整完了
6.透明のプレートを画像のように止めに当たる所まで移動させます。その際の角度が切れ角となります。
7.反対側も同じ用に行って頂き切れ角がずれているようでしたら、プロポにて切れ角の調整をして頂き、左右が均等になるように調整してください。
キャンバーの確認方法
画像のように計測して下さい。
『このマシンは、若干キャンバーがついてます』
MR-03の場合ですと、ローダウンする事でキャンバーがついてしまいますので確認してセッティングに役立ててください。

23.23.5,24とありますが、こちらはタイヤ径になりますのでセッティングの際の車高の確認等が出来るようになっております。


LH-27 工具スタンド
【商品説明】
工具スタンドは、ドライバー等(14mm)6個OILダンパー用2個計8個の穴の開いたスタンドとなっております。

持ち運びの際は、コンパクトになります。
完成
LH-21システムボードには、はまるようになっております。
小さい穴2個には、OILダンパーがすっぽり納まりますので、エアー抜きなどの際にお使い下さい。
LH-27単体でお使い頂いても倒れたりしません。
工具を立てて置くので、コンパクトに綺麗に置いておく事が出来ます。

H-21システムボードには、はめて工具を立てるとこんな感じです。
移動も簡単です。
写真は、匠製ドライバーです




LH-28 デフプレート研磨ツール
【商品説明】
デフプレートを磨く際に非常に便利な工具です。

〔当店のLH-15デフプレートもLH-28を使用して製作しております。 〕


詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。
1.LH-28の工具・研磨剤・ペーパー(1500〜2000)・セッティングボード(ガラス等の水平な板)・紙を用意して下さい。 2.セッティングボードの上にペーパーをひき工具にデフプレートをはめ磨いて行きます。
(上の画像は、少し磨いた時の画像です。判りにくいですが、外側と内側が綺麗になり始めております。)
3.全面が綺麗になるまで磨いて下さい。

右:磨き前
左:磨き後

このままでもピカピカなんですが、さらに
4.研磨剤を付け数回磨いて頂ければ、完成です。 5.研磨剤を綺麗に拭き取れば完成です。 6.同じ作業をもう一枚を行って完成です。

後は、デフを綺麗に組んで頂ければスルスルのデフの出来上がりです。
ボールデフの組み方
ボールデフの組み方に正しい組み方は、無いと思います。
人それぞれ色々な組方があると思いますが、参考になればと今回は、私の組み方を掲載させて頂きます。


LH-31 アクリルリペア
【商品説明】
当商品は、ミニッツボディー等の割れた部分の修復にお使い下さい。
液体は、紫外線に当たらないよう保管・ご使用下さい。
筆が固まる恐れがありますので、素早い作業をお勧めいたします。

*万が一目などに入った場合には、直ちに流水で十分に洗い流し、医師の診断を受けて下さい。
*お子様の手の届かない所に保管して下さい。

【ポイント】
欠損部の油分を取り除いてからのご使用をお勧めいたします。
破損部にすでに他の接着剤を使用した場合は、全て取り除いてからのご使用をお勧めいたします。
液体と粉末の割合により硬化時間が変動いたします。
なれないうちは、筆上で硬化しやすいのでビンへ戻した後にビンを振って筆を洗ってください。


詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。
1. 準備します 2. 欠損部をマスキングテープ等で
固定します
3. 塗付しやすいように準備します
4. 筆に液体をつけ筆先に適量の粉末
を付着させます
5. 粉末がジェル状になりツヤが出始
めたら直ちに破損部に塗付します
6. 素早く筆を拭き、ビンへ戻します
(ゆっくりしていると筆先で
         固まる事があります)
7. マスキングテープを剥し、こちら側も
同じように塗付します
8.完成です
硬化後も透明なので目立ちません


LH-32 オリジナルグリップ剤
【商品説明】
ウレタンコース用グリップ剤です。

*使用禁止のコースでは、絶対に使わないで下さい。


詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。


LH-41 オリジナルステッカーbyC9000
【商品説明】
単三、四用充電器C9000用オリジナルステッカーです。
貼るだけで、オリジナルのC9000が完成いたします。
貼るのも非常に簡単ですので、是非お勧めいたします。


【ポイント】
7.勢いよく剥しますと、ステッカーも一緒に剥れてくる事がありますので、ゆっくり剥すのがコツです。
1. 最初は、こんな感じです。 2. パーツクリーナーにて油分を
落として下さい。
3. 念入に拭取ります。
4. シールをシートから剥します。 5. 位置を合わせて軽く置きます。 6. 位置がOKであれば、ティッシュ等
で擦ります。
7. 透明フィルムをゆっくり剥します。 8. もう一方も同様に行って頂き
完成です。
番外編
こんな感じで、液晶に好きな文字やLOGOを映す事が出来ます。
詳しくは、naga@lighthousess.comまでお尋ね下さい。



番外編 : ベアリングTOOLの制作方法
【商品説明】
ベアリングをハメル時、ハズス時や清掃の際にご使用頂けます。


詳しい使い方は、下記図を御覧下さい。
1.用意いただく物
ドライバー等の本体部分(内径3mm以上の物)
ボールデフのシャフト
マスキングテープ
2.ボールデフのシャフトにドライバーの内径にキッチリはまるようにマスキングテープで調整してください。 3.シャフトを通します。
4.ネジを固定して完成です。 5.上側が2mm
下側が3mmと両方使用可能です。
完成


上記説明で解らない事などございましたらお気軽にお尋ね下さい。
京商 ミニッツ ライトハウス Lighthouses 愛知 通販 海外商品 PN ミニッツカップ Mini-z.jp